石膏ボードへの鏡の取付方法|鏡の販売.com

石膏ボードへの鏡の取付方法

当ページでは、壁に石膏ボードが使われている場合の鏡の取り付け方・手順を紹介しております。

耐火性に優れているため、最近の建物の多くで石膏ボードが使われています。叩くと「ボンッ」と中が空洞になっているような音がします。画びょうなどで指したときに、針が白くなっていると石膏ボードです。

STEP1. 鏡の重量を測る

こちらの設置方法も、石膏ボードの壁に鏡を設置させるお客様にご覧いただいております。

鏡を並べて設置する場合や、特殊な鏡の取り付け方

石膏ボード以外の取り付け方も紹介しています

石膏ボードではなく、一般的な鏡の取り付け方も、別のページでまとめておりますので、ご覧ください。

中でも、よくご相談いただく方法はこちら

鏡の施工方法①
小型鏡(〜3kg)の施工方法

鏡を一番簡単に貼る方法 小型で軽量の鏡にお薦め

〜3kg程度の軽量のミラーに最適の施工方法で、ミラーマットという鏡専用の両面シールと、そのミラーマットの粘着を高める為の下地を作る速乾ボンドの2点を使って施工します。

鏡の推奨サイズ

〜3kgの小型の鏡
※ 400ミリ × 600ミリ厚み5ミリの鏡で約3kgになります

使用部材 ①速乾ボンド ②ミラーマット
使用工具 工具は不要です
施工難易度 ★☆☆☆☆ 超簡単!
注意 ミラーマットは水に弱いため、この施工方法は浴室や洗面所など湿気のある場所には向いていません。施工方法②のツメ金具を使った方法、あるいは施工方法⑥の浴室の鏡の施工方法をご覧下さい。

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法②
中型鏡(〜7kg)の施工方法

ツメ金具を利用した施工方法 中型の鏡や水周りの鏡にお薦め

ツメ金具を利用した鏡の施工方法で、重量が7kg程度までのミラーに耐えることが出来ます。金具はステンレス製で耐水性があり、お風呂や洗面所での使用が可能です。

鏡の推奨サイズ

〜7kgの小型の鏡
※ 600ミリ × 900ミリ厚み5ミリの鏡で約7kgになります

使用部材 ①ツメ金具
使用工具 +(プラス)ドライバー・電動ドリル※下地がタイルやコンクリートの場合必要
施工難易度 ★★☆☆☆ 簡単!
注意 重量のあるものは、落下の恐れが有りますので、鏡の施工方法③のミラーマットとの併用をお薦め致します。
備考 ツメ金具・付属のビスは錆びにくいステンレス製です。水周りでご利用いただいても錆びにくい為、安心してご使用いただけます。

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法③
大型鏡(〜21kg)の施工方法

ツメ金具とミラーマットを併用した施工方法 大型の鏡に

金具(ツメ金具)とミラーマットという鏡専用の両面シールを併用した施工方法で、ツメ金具のみやミラーマットのみの施工に比べて、約21kg程度と大きめの鏡に耐えることが出来る施工方法です。

鏡の推奨サイズ

〜21kgの大型の鏡
※ 900ミリ × 1800ミリ厚み5ミリの鏡で約5kgになります

使用部材 ①ツメ金具 ②速乾ボンド ③ミラーマット
使用工具 +(プラス)ドライバー
施工難易度 ★★★☆☆ 普通
注意 900ミリ × 1800ミリ厚み5ミリの鏡で重量が約21kgになります。それ以上大きな鏡は落下の恐れがある為、鏡の施工方法④の特大鏡の施工方法をお薦め致します。

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法④
特大鏡(〜36kg)の施工方法

強力な鏡専用ボンドとミラーマットの併用で特大の鏡はコレ!

鏡を壁に貼付ける場合に、お薦めなのが、この施工方法です。ミラーマットにミラーボンドを併用する方法で、金具を使わないため、施工方法も比較的簡単で見た目も金具が無い分、奇麗です。ミラーボンドの粘着力は強力で約36kgの重量にも耐えることが出来ます。

鏡の推奨サイズ

〜36kgの特大の連続貼り
※ 1000ミリ × 2400ミリ厚み5ミリの鏡で約30kgになります

使用部材 ①速乾ボンド ②ミラーマット ③ミラーボンド
使用工具 コーキングガン
施工難易度 ★★☆☆☆ 簡単!
注意 強度を保つため、壁紙を鏡の部分のみはがす必要が有ります。壁紙のはがし方は簡単ですので施工動画をご覧下さい。

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法⑤
鏡の連続貼りの施工方法

レール(ステンレス鏡受け)を使った鏡の連続貼り 鏡を並べて貼るなら

ステンレス鏡受け(片長チャンネル)という、長い金具を使うことで鏡を連続でまっすぐ貼る施工方法です。鏡を複数枚使うため、鏡同士の接触で鏡が割れてしまわないような慎重さが必要です。

鏡の推奨サイズ

鏡1枚あたり75kg迄の特大の連続貼り
※ 1200ミリ × 2400ミリ厚み5ミリの鏡で約36kgになります

使用部材 ①速乾ボンド ②ミラーマット ③ミラーボンド ④ステンレス鏡受け(片長チャンネル)
使用工具 コーキングガン・+(プラス)ドライバー・電動ドリル※ 下地がタイルやコンクリートの場合必要
施工難易度 ★★★★☆ 慎重さが必要
注意 鏡と鏡をぶつけると鏡が欠けてしまうので注意が必要です

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法⑥
浴室の鏡の施工方法

浴室や水周りの鏡の施工方法 コーキングで水の侵入を防ぐ

浴室や洗面所等の水周りの鏡の周りをコーキング(シーリング)する鏡の施工方法で、水分が鏡の接着部分に侵入するのを防ぎます。ミラーボンドを併用するため耐加重は36kg程度と大きな鏡にも対応出来ます。

鏡の推奨サイズ

〜36kgの鏡
※ 1000ミリ × 2400ミリ厚み5ミリの鏡で約30kgになります

使用部材 ①速乾ボンド ②ミラーマット ③ミラーボンド ④防水シリコーン ⑤マスキングテープ
使用工具 コーキングガン・ヘラ
施工難易度 ★★★☆☆ 思ったより簡単!
注意 シーリングで接着部分の補強をするだけで、鏡の腐食が押さえられる訳ではありませんので、鏡は防湿ミラーをお薦め致します

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法⑦
簡単!パネルミラーで鏡の施工

簡単施工の「パネルミラー」を壁に固定する方法

パネルミラーという、当社オリジナルのパネルに鏡を貼付けた鏡を使った施工方法で、立て掛けるだけでも使えますし、金具一つで固定することが出来ます。貼付けが不要なので引っ越し等する場合に再利用が可能な鏡です施工簡単!パネルミラーの紹介ページはこちら

鏡の推奨サイズ

全てのサイズのパネルミラーに対応しています

使用部材 ①速乾ボンド ※ パネルミラー
使用工具 +(プラス)ドライバー・電動ドリル※ 下地がタイルやコンクリートの場合必要
施工難易度 ★☆☆☆☆ 超簡単!
注意 施工が簡単で貼付け不要の為、他の場所に移設が簡単に出来ますので大型の鏡及び、大型鏡の連続貼りにお薦めの施工方法です。
パネルミラーの商品紹介はこちら

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法⑧
パネルミラーを床から浮かせて壁に固定

パネルミラーを「床から浮かせて壁に固定する」方法

パネルミラーという、当社オリジナルのパネルに鏡を貼付けた鏡を「パネルミラー用 L型固定金具(上部)」と「パネルミラー用 L字アングル(下部)」を使って壁に床から浮かせて固定する方法です。

2枚以上「並べて壁に貼る」ことも可能です!

パネルミラーの下部を支える「パネルミラー用 L字アングル(下部)」1800ミリ幅をご用意しました。1800ミリ幅のL字アングルを使うことで、900ミリ幅のパネルミラーを連続して並べて貼ることが出来ます。+500円でカットによるサイズオーダーも可能です。3枚以上並べるて貼る場合は、L字アングルを複数本並べることで、連続貼りが可能です。

鏡の推奨サイズ

全てのサイズのパネルミラーに対応しています

使用部材 ①パネルミラー用 L字固定金具(上部)
②パネルミラー用 L字アングル(下部)
※ +500円でカットによるサイズオーダーも可能です。
※ 3枚以上連貼の場合はL字アングルを複数本並べて使用します
パネルミラー
使用工具 +(プラス)ドライバー
施工難易度 ★★★☆☆ 普通
注意 サイズが大きい物や、2枚以上連続貼りする場合は、2人以上で施工されることをお勧めします。
パネルミラーの商品紹介はこちら

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法⑨
大型フィルムミラー 連結タイプの貼り方

特大使用の 「大型フィルムミラー 連結タイプ」 の組み立て方・貼り付け方

複数のフィルムミラー(割れない鏡)を連結し、一枚の大きなフィルムミラーにする「大型フィルムミラー 連結タイプ」の組み立て方、貼り付け方を紹介します。

「大型フィルムミラー 連結タイプ」 セット内容

 

①フィルムミラー ②アルミフレーム ③L字金具
枠(フレーム)がない状態のフィルムミラーです。サイズに合わせて複数枚届きます。 フィルムミラーの周りに取り付けるフレームです。上下左右の4本がサイズに合わせて届きます。 組み立てたフィルムミラーを、壁に固定する為の専用の金具です。
連結補強プレート
サイズが特に大きい場合に付属します。フィルムミラー同士の連結を固定する薄型のプレートです。
使用部材 フィルムミラー  ②アルミミラー ③L字金具
使用工具 +(プラス)ドライバー・電動ドリル※ 下地がタイルやコンクリートの場合必要
施工難易度 ★★☆☆☆ 簡単!
注意 起こしたり持ち上げる時に、連結部分に負荷がかかりますので、2人以上で施工されることをお勧めします。

施工解説と使用部材はこちら

鏡の施工方法⑩
ステンレスミラーの施工方法

ステンレスミラーを壁に貼る方法

ステンレスミラーを壁に貼る方法です。ステンレスミラーは厚みが1ミリと薄く、通常のガラスミラーに比べて剛性が少ない為、平面性の高い場所に貼られることをお勧めします。 貼り付けにはブチルテープと呼ばれる専用の両面テープ、速乾ボンド、鏡専用の接着剤であるミラーボンドを使用します。

鏡の推奨サイズ

〜16kgのステンレスミラー
※ 1000ミリ × 2000ミリ厚み1ミリの鏡で約16kgになります

使用部材 ①速乾ボンド ②ブチルテープ ③ミラーボンド
使用工具 コーキングガン
施工難易度 ★★☆☆☆ 簡単!
注意 壁がデコボコしていたり、歪んだ場所に貼った場合、映像が歪みますので出来るだけ平面性の高い場所に貼り付けしてください。

施工解説と使用部材はこちら